たまに書くブログ

「ねこせんのライフスタイル 生活はつづく」のスピンオフ

投資本の新刊「利回り5%配当生活 (著)広木隆 」感想

利回り5%配当生活

 

「利回り5%配当生活」読み終わりました。わかりやすくて読みやすかったです。

気づき

  • 配当利回り銘柄と連続増配銘柄の組合せで分散投資効果を高めることができる。バリューとグロースの要素を併せ持つ
  • 基本買ってそのままだが、株価が値上がりしているなら売却も視野にいれる例えば20年分の配当利益がでてるのなら積極的に売却して銘柄を入れ替えた方が得策
  • 有望銘柄31選
  • 年収300万円で配当生活したいと思うならリスクをとって大きな資産を作ることが先決

上記の部分は、自分にとって参考になる部分でした。たとえば、20年分の配当利益が出ている場合、売却も検討することもあり。先日、私も同じような悩みを抱えて行動しました。

有望な銘柄の中には、既に複数の保有銘柄がありましたが、(2461)ファンコミュニケーションズなどは手ごろな価格で高い配当利回りを持っているため、魅力的だと思いました。

また、去年は年収が300万円にも満たなかったので、配当株にこだわるのではなく、大きな資産を作るのが先決ですね。

FANG+で攻めているつもりですが、リスクを取るという意味では、「さくらインターネット」を2020円で売却し、14,000円程度の利益で終わらせてしまったことを後悔しています。現在は6,000円を超えていますからね。